FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方経済の低迷の原因は何?

 私もチャーターメンバーの一人である、沖縄中小企業家同友会設立20周年記念行事が、那覇市にあるパシフィツク・ホテルで行われた。

 この間、会の会勢もうなぎのぼりに成長、すっかり県内では経済団体として認知された。

 行事の内容は省略するが、夕方からの懇親パーティには、そうそうたるメンバーの参加があった。

県の副知事はじめ、県内金融機関の頭取、日銀の支店長と、草創期には我々の案内に見向きもしなかった面々の参加に驚いた。

 まさに隔世の感を感じ、嬉しかった。

 さて、そのなかで、日銀支店長の挨拶があり、地方経済が疲弊(ひへい)するなか、我が沖縄経済が、意外に景気感がよいとのことに我々中小企業経営者の努力が実ったようである。

 どうも地方景気の悪化は、よく政府の経済政策にしているが、どうもさにあらず、地方経済の低迷は世界的な傾向らしい、これは、経済のグローバル化に要因があるようである、国の経済政策が調整不能なのは、地方経済がすぐ世界経済につながる様相を帯びていることにあるという。

 そういえば、日本の南端にいても、世界の債権や株が買え、世界のマネーゲームに、即、参加できる様は、まさにそれを象徴しているのであろう。

 詳しいメカニズムは分からないが、これまでのバラマキ政策は惰民政策、自立できるようなプログラムをしっかり政府は示して欲しいものだと感じた次第…。

人気blogランキング参加しました
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。