FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の世相は!

 今月は、これまでの国や地方公共団体への提出書類や予算との関係からか、3月決算5月提出の法人が多いことから、やたら、忙しくなって、つい原稿書きが疎かになってしまう。

 作家の方々が原稿の締め切りになると、慌てだす気持ちが良く理解できる。

 さて、この頃、どこの会社を訪問しても、トップの社長が話されることは、現在の政治の在り方である。
長い間の政権担当で、国民の目線から、かけ離れた自民党のことに話題集中、そろそろ、政権交代が必要と異口同音に話される。
これまでの中小企業の社長は、大多数の方が、多少の政策のミスや増税には国のためだからと、身を削っても我慢をしてきた感がある。

 ところが、最近では、政府に批判的な経営者が多くなった。
特に将来にわたって、かれこれの歳入不足になるなどの政府の数字が嘘めいて聞こえることにも要因はある。

 官僚のでたらめな税の使われかたに国民の大多数が怒りさへおぼえていることに起因するからだ。国民の目線を大きくづれた政治は、歴史にみても崩壊しかない。

 真に国を憂えて、自己を犠牲にしてまで国に尽くす人材の輩出を世相は望んでいるのだ…。

人気blogランキング参加しました
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。