FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気について思う

 日経新聞の10月5日にまとめた、景況調査によると「国内の景気が悪化しているという」回答をした、全国100社の社長は94%にもなるという。

これは前回(6月)の調査に比べて3倍にもなる。

 また地方の規模が小さい企業500社の調査では、80%の社長が地方景気の悪化を訴えている。
これも前回の調査では30%だったというから景気の後退はわが国の全域に渉る現象といえよう。

 世界の経済の中心、米国の金融の不安定さが全世界的に波及しているのであろう…。

 その米国では、大多数の国民の反対とは裏腹に金融安定化法が成立の憂き目を見た。
内容を理解しているわけではないが、その道の批評家にいわせると、その効果が疑われるという批判もある。

 ともかく最近の金融情勢は、あまりにも複雑化している。債権を買い取ったり、それをさらに証券化して売買したりと、経済の実態が見えない…中国の史話にある、皇帝劉邦の「法三章」のように(1)人を殺せば死刑、(2)人を傷つければ処刑、(3)人のものを盗めば処罰・・・と庶民に分かりやすい仕組みづくりはできないものだろうか!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。