FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

 今年は、100年来の不況という暗いニュースからのスタートになりました。

 確かに、売上が大幅に落ちたり 臨時社員を解雇したりした大企業が数多くありました。
ところがその一方で飽和市場といわれる分野で増収増益を出す企業が上場企業で184社もあり、マスコミが不況を煽っている感じもいたします。

 ただ、このように業績を伸ばしている企業は従来のビジネスモデルを踏襲するのでなく、新しい売りかたや、新しい商品を開発しているのです。
これまで、我々人類は周期的に不景気になることを知っており、その原因は多少時代により違うものの、従来のありかたから脱皮するためのものであるように私は感じるのです。

 これまで、この新しいトレンドがなかなか見えないところがありました。

 ところが、昨年の暮あたりから、見え始めてきました。私なりに分析すると、1つ目はエネルギー技術であり、2つ目は農業技術では、なかろうかと思います。3つ目はすべての商品にエコ(自然、安全、ソフト)技術が含まれているか、ではないでしょうか?

 このような視点で自己の業種では、この3つのトレンドをどのように取り入れたらいいのか、また、このトレンドと関係のない業種では、これまでのありかた、やり方を徹底的に見直し、新しいありかた、やりかたを見つけ出すことが、不況産業からぬけだすヒントになるのではないでしょうか、経済の分野でも、50年のサイクルでやってくる不況(コンドラチェフ説)を脱却するのは、新しい技術、新しい手法だという経験則を我々は、すでに学んでいるはず、決して不景気を恐れる必要はない、このような視点で今年は望む覚悟でいるのですが…。

皆様はいかが?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。