FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うーまく会

 青春時代とは、人によって多少違うのかもしれない、ある人は中学生の時代、また、ある人は高校生の時代、さらに大学生の時代、時には職場の若い時の場合もあるようだ。
その人にとって強烈な思い出や事件?が関わっているのであろう。

 私にとっての青春時代は、何といっても高校時代である。

スポーツに明け暮れた分、学業成績は惨憺たるものだったが、それ以外にも停学を食らうほど悪さをして、先生方を困らせたことが、強烈な思い出となっている。

 それでも、今の子供たちとの違いは、きちんと登校、授業も受けて(内容はほとんど聞いていないのだが)、の悪さである。
 例えば、教室の入り口のドアーの上に黒板拭きをはさんで、先生がドアーを開けたとたんに落ちて頭にあたるようにしたり近所の放し飼いのニワトリを捕まえて、教室の教壇の下に隠したり目覚まし時計をバケツをかぶせ、終業時間を早めて鳴らしたり(ご高齢の耳の遠い先生はよく騙せた)という類の悪戯であった。

 そのような連中が毎月集まる、「うーまく会」なる模合がある、今では、ほとんど社会の第一線をリタイア、悠々自適、趣味の世界に浸る御仁が多いが、夫々社会人としては大活躍、政治家、教育家、医師、会社経営、と多士済々である。

 先般、このうーまく連のクラスの担任であつたE先生が、この世を去った、先生もこのクラスは相当、思い出に残っていらしたようで、晩年は結構、我々メンバーと当時のことを語らいながらゴルフやノミニケーションに出席頂いた。

よる年波には勝てぬが、いつまでも皆が元気で毎月会えるようにしたいと願う「会」でもある。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。