FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庶民の目の立法を望む!

 昔の諺に「悪法も法なり」とありますが、私たちが扱っている税法等は、我々庶民の目からすると、この類に入る法律が数多くあります。
 立場上、どの法とは明けらかにできませんが、随分、常識や実際と矛盾していると感じている業界の先生方は数多くいると思います。

 さて、歴史は繰り返されているやも知りませんが、最近、経営者に大人気の「三国志」の舞台隣国、古代中国、前漢の時代の初代皇帝、「劉邦」の発した「法3華」は、当時、万般に及ぶ事細かな法律が庶民を苦しめ、また、官僚の不正が横行している様を嘆き、1)人を殺せば死刑、2)人を傷つければ処刑、3)人のものを盗めば処罰と改めたそうです。おかげで、大変住みやすい世の中になったそうです。

 行き過ぎた法律至上主義は万民を苦しめるという参考になる例だと思います。

 ところで、最近、ママさんパワーの力で、変更された法律があります。
 道交法の自転車の3人乗り、子供を自転車の前後に乗せ、学校の送り迎え、ショッピングと大活躍の首都圏のママさん連、これを規制されたら生活できないと事なかれ法律に楯つき解禁を勝ち取ったのです。

我々も身近な矛盾だらけの法律に徒党を組んで臨めば、住みよい法律ができるのではないでしょうか…?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。