FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放漫経営のつけなのか!

 しばらく、忙しさにかまけて、30代の若かりしときに知り合った経営者集団JC(青年会議所)メンバーにお会いしてなかったので、先日、雑談方々、何名かの方々の会社にお邪魔した。

 それぞれの道で、いまだ現役で活躍されている。
公務員や会社勤めではすでに定年年令なのだが、かくしゃくと嬉々として働いいるのが印象的であった。

 会議所時代、喧々諤々意見の衝突もしたK氏、今、自社は後継者に任せているそうだが、頼まれ社長で、数社の経営建て直しを依頼され多忙のようだ。

 彼、いわく、再建依頼される会社の社長に共通に見られるのが、放漫経営だという、社員に古参が多く、改善や改革がしにくく、あきらめてほったらかした「つけ」が、今頃、このような経済状況で噴出しているという。

 ひとつひとつ、根気に取り組んでいる彼の姿は、30年前にもJC活動でお目にかかったが、彼ならやり遂げるであろうと思った。

企業での人の育成は難しい。成長させるべく任せると力をつけてわがままになる。そうかといって押えつけると成長しない。
何はともあれ改革や改善が進まねば、いづれ没落は免れぬ。わが身につまされた。

たまには古きよき友を訪ねてみる必要さを感じさせられた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。