FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総選挙間近!

 衆議院も解散、いよいよ、8月30日には、第45回の衆議院総選挙、連日、立候補予定者の方々は、小さな会合にも遠慮なく訪問、票の獲得に必死という様だ。

 ところが、どうも我々国民は政治に不信感を募らせているのは、間違いない。 

 どの会場でも、表面的には立候補者に迎合しているかのようにふるまっているが、何処か冷めた目でみている。
自民か民主かといわれても、マニフェストにしても、あまり変わり映えがしない、かつ、選挙を乗り切るための方便をふるっているように感じてならないのは私だけであろうか…?

 経済の大不況も、大きな変革なくして、好景気にはなっていないのが我々人類の歴史に刻まれているはずだ。
いま、我が国は、勝手ない重大な国家の危機に直面しているともとれる。内外の解決すべき問題も山積、政治も行政も、これまで、国民を愚弄してきたとしか言いようがない。

 さて、国民の下す判断はどの目がでるか、サイコロはふられた…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。