FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 この小部屋も、長い間、お休みしてしまった。
近頃、やたら雑用が発生、すっかり原稿書きが疎かになってしまった。

 ところで、事業の承継は、なかなかむつかしいと感じている。

 我が事務所も、そろそろ、その時期に来ているが、世界的な大不況の最中、経営の経験無きものに任せることもリスクが大きすぎる。そうかと言って、時代は確実に変化し始めた。

 そのようななか、去る11月17日、宜野湾にあるコンベンションセンターの会議室において、中小企業家同友会の研究集会が開催され、第4分会「何を守り、何を発展させるのか」(事業承継について考える)に、参加した。

 県内で知名度のある、F社とM社の2代目、若社長2人がパネラー、O社の2代目専務がコーディネーターとなり、引き継ぐ側のいろいろな経験を語ってくれたが、わが事務所の問題点と共通な事柄が多く、大変、参考になった。
 先代の育てた社員との確執は、いずこも同じらしい。しかし、それを乗り越えての、お2人の努力は、今時の若者のたくましさの一面を垣間見た。

 時代は大きく流れが変わり始めた。
 新しい時代にあった事業承継がスムーズに行われ、我が国の新しい企業づくりの礎になってほしいと事業を引き継がせる側の私も、大きな示唆を頂いた研究集会だった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。