FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早寝早起き

 我々世代は、明治、大正の世代に育てられてきた。

 この世代は日本人としての誇りを、とても大切にした世代で、それを次代の世代にきちんと伝えたいという意欲で満ち溢れていたようにも思える。

 その心意気を、戦後教育の大きな変化で、我々世代が見失ってきたようにも思えるし、また、戦後民主主義が考え方の多様性を認容してきたからかもしれないが、我々世代が教えられてきた、早寝早起きの良い習慣をもつ大切さが、いつの間にか夜型社会を生み出してきたようにも考えられる。

 ところが、最近、小中高生に変化の兆しがでてきたという。

 ベネッセ教育研究開発センターの子供生活実態基本調査によると、2009年の平均起床時刻が前回の調査に比べて12~18分早まったという。また、就寝時刻も7~15分早まったというから驚きだ。

 わずかの変化であるが、良い生活習慣の傾向がでてきたことは、これから、わが国を支える子供たちに大きな期待が持てると感じるのは早計であろうか・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。