FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣国の総統選

 我が沖縄県にもっとも近い外国、台湾の総統選挙が、去る14日に行われた。

 馬英九前総統(国民党)が再選された。これで、ひとまず大国中国との関係に大きな変革はなくなったようだ。

 この選挙には、中国側も大変な気の使いようで、中国大陸に進出している企業の台湾国民を選挙前の13日に大挙五万人も選挙対策で帰郷させていたそうである。

一方、台湾独立派の蔡英文(民進党)には、対中国政策でアジア政策にシフトしてきた米国の支援がありきやと素人の私は考えていたのだが、国際情勢は単純にはいかないようで、中国を刺激しない立場から、米国も馬支援にまわっていたらしい。国際社会は、かくも一筋縄ではいかないようだ。

これからの経営は、この様な世界の動きと駆け引きをも見据えながら、グローバル化の波に飲み込まれていくのであろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。