FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方再生の芽

 今週は、今、各地で地方再生の芽が次々と生まれつつあることが、マスコミで報道されていることに触れてみたい。

 わが県のすぐ隣にある奄美大島(鹿児島県)では、大島紬の産業が衰退する中で、絹の原料である、蚕の出す糸を利用して、傷口をカバーする医療用の補填布が治療にかなりの効果が、鹿児島大学との共同研究で明らかになったようだ。

 そのためには、蚕の餌になる桑の木の育成にも取り込まなければいけない。農業の再生にもつながる。

 このように、第一次産業と工業技術と医療技術の融合が、これからの新しい産業に育ってほしいと考える。
また、外国では昆虫が次世代の人類の蛋白源として注目を浴びつつある研究成果が着々と進んでいる報道がTVで報じられていた。

 各国、各地がそれぞれの持つ資源を有効活用できる時代がやってきた。

人類が等しく豊かになり、貧富の差による争いのない平和な世界の到来を祈りたい。そのキーワードは違う分野のコラボにある。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。